【パワプロ2018】顔データの画像書き出し&読み込み方法

パワプロ2018では選手パスワード同様に顔パスを表示する機能が廃止され、USB機器に画像形式で書き出すという方法に変更になりました。
(「パスワード入力」のメニューはあるが、2016から読み出し用)

選手の読み出しは1回きりですが、顔については複数回使う可能性があると思います。
パワプロ2018のゲーム上でまだ入手していない顔のデータの呼び出しも、USBメモリ等を持っている人であれば、そのUSB内に顔データを集めておき手軽に呼び出しができるようになります。ネット上などのパスワードをその都度入力するよりは便利になったと言えるでしょう。

事前準備

必要なものは以下。

・パソコン(フォルダ作成やデータやりとりに必要。スマホでもできないことはないかも…?)
・USBメモリ(フォーマット形式はFAT32やexFAT形式がいいと思います。)
また念のため他にUSB内にデータが入っている場合は、大事なデータが消えてしまわないよう専用にUSBメモリを用意するのが安全かと思います。

パワプロ2018で選手データの書き出し~読み出し手順

USBメモリフォルダ内に「pawapuro」(半角)という名前でフォルダを作成

PCなどで、USBメモリ内の一番上の階層に作ってください。
大文字・小文字はどっちでもいけます、全角文字はダメです。
まず、これをしないとパワプロ2018上ではUSBメモリ機器を認識できません。
一応パワプロ2018の説明書の最後のページにも掲載されています。

顔データの画像書き出し手順

PS4にUSBを差して、顔設定の「画像書き出し」を選択する


USBメモリ機器を選択する


成功するとメッセージがでます。


顔データの画像読み込み手順

USBメモリが刺さっている状態で、読み込ませたい選手(例は山川選手)の顔設定で「画像読み込み」を選択します。


設定したい画像を選びます。PCでファイル名を変更している場合は、その名前が表示されます。


画像が読み込めました。


PC上ではこのように表示されます

読み込む前に、ファイル名は変更しても読み込みは可能でした。

 

↑画像ファイルはこんな感じです。(ファイル名は英語に変えました)
実物のデータなので、この画像をUSBの「pawapuro」フォルダにダウンロードし、「読み込み」を試していただくことも可能です。

選手データの書き出し&読み込みは?

こちらにかきました

1+

コメント